teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/507 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ハワイ日系移民関連イベントのお知らせ

 投稿者:JA-0173 ゲコレンジャー  投稿日:2017年 1月 8日(日)08時06分22秒
  通報
  ALO~HAでございます。

寒に入り、温かいハワイが恋しくなる季節となりました。

下記のとおり、横浜にて日系移民の企画展示が開催されています。
ご興味のある方は、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?


JICA 横浜 海外移住資料館 企画展示

「ハワイの日系人のまつり -お正月とボンダンス-」
主 催:JICA横浜 海外移住資料館 開館時間:10:00 ~ 18:00(最終入館17:30)
休館日: 月曜日(祝日の場合は翌日)
     年末年始(12/29-1/3)
〒231-0001 横浜市中区新港2-3-1 JICA 横浜2F
       045-663-3257
URL:http://www.jomm.jp

詳細は、こちらのPDF形式ファイルをご参照ください。
http://jomm.jp/events/2016/pdf/hawaii.pdf

また、2月14日土曜日は、企画展示関連イベントとして映画監督のすずきじゅんいち氏も来演されるようです。

日系人と第二次大戦
-ハワイの日系アメリカ人を中心に-

2017年1月14日(土)14:00-15:30 JICA横浜1階 会議室1
講師:すずきじゅんいち(「誰も知らない日系アメリカ人の歴史」監督)
 1952年神奈川県生まれ。東京大学卒業後、日活に助監督として入社。29歳で監督昇
進。『マリリンに逢いたい』『砂の上のロビンソン』『秋桜』など、23本の劇場用劇映画を
監督。最新作は、2016年の青年海外協力隊創立50周年を記念し、製作公開された『ク
ロスロード』。
 2001年より11年にわたってアメリカに住み、日系人社会との出会いから、戦時下の日
系人の歴史を記録することを決意した。「東洋宮武が覗いた時代」「442日系部隊」
「二つの祖国で」の日系アメリカ人についての三部作記録映画を企画、脚本、監督し、日
米で公開され、日本映画批評家大賞など数々の映画賞を受賞した。これらの三部作映
画をまとめて1本の中編映画を作り、日米の高校を中心に図書館や大学などに3,000
本のDVDを寄贈した。著書に「東洋おじさんのカメラ」(小学館)、「1941 日系アメリカ人
と大和魂」(文藝春秋)などがある。妻は女優の榊原るみ。
 日本人の海外移住はハワイから始まりました。今でもハワイの人口のおよそ20%は日系人だといわれ
ています。ハワイ日系人の多くは、お正月には初詣をし、お餅をついておせち料理を食べ新年を祝います。
夏には、毎週末、どこかでボンダンス(盆踊り)が行われ、日系人に限らずさまざまなルーツの人たち
が楽しんでいるのです。日本人移民がもたらした文化は常夏の島ハワイの風土の中でどのように受け継
がれ、変容してきたのでしょうか。ハワイの日系人の暮らしの中に今も息づいている「日本」を紹介します。
●「100年の鼓動-ハワイに渡った福島太鼓-」
●「誰も知らない日系アメリカ人の歴史」
公開講座
映画監督 すずきじゅんいち プロフィール
岩国踊り愛好会のはっぴと手ぬぐい
提供:キャロライン・ミヤタ
元第100大隊兵士のサブロー・イシタニ氏が
着用したコットン・カーキのシャツ
岩国音頭で使われる傘
提供:キャロライン・ミヤタ
ハワイ金刀比羅神社・大宰府天満宮のお守りほか元第100大隊兵士サブロー・イシタニ氏の勲章ほか
映画上映
開催期間中は上記2本を企画展示室にて無料上映!
スケジュールはホームページをチェック!

MAHALO


追記
安倍総理が昨年末にハワイを訪問し、戦艦アリゾナ、ダニエル井上氏の墓碑、飯田中佐の墓碑に足を運んだおかげで、各マスコミがハワイ日系移民について取り上げていました。

その中のひとつに、オアフ島の「ホノウリウリ収容所」がありました。
「HONOULIULI」、それはどこかで見覚えのある文字でした。
いまを去ること約10年前、私にとって宝箱であるホノルル「日本文化センター」でたまたま買い求めたTシャツのバックプリントの写真がホノウリウリの収容所だったのです。

布哇(ハワイ)日系移民、それは私にとって重い言葉であり続けます。

 
 
》記事一覧表示

新着順:11/507 《前のページ | 次のページ》
/507